氷点(青春の一冊)

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/pdmagazine

一冊って言ってるのに4冊もはりつけやがって!という感じですが、文庫で上下巻な上に続編も上下巻なので……。

氷点(上) (角川文庫)

氷点(上) (角川文庫)

氷点(下) (角川文庫)

氷点(下) (角川文庫)

中学校の図書室で読んだ記憶があります。何がきっかけだったのかは今となっては思い出せないのですが、筒井康隆さんの「農協月へ行く」や宗田理さんの「ぼくらの七日間戦争」、山際淳司さんの「スローカーブを、もう一球」と一緒、というイメージがとても強いので、夏休みの課題図書か何かに指定されていたのかもしれません。

図書室で上下巻を読破した後、物足りずに本屋で上下巻+続編上下巻を買って、本当に何度も読み返しました。継母と継子、出自の秘密……と何度もドラマ化されるのもさもありなんというドラマチックな展開なのですが、そのドラマチックさに惹かれて夢中になった記憶はあまりなく、登場人物それぞれの利己的な心情や利己的にならざるを得ない状況などを興味深く思ったように思います。何しろ登場人物の誰にも感情移入がしづらい。主人公の陽子にさえも。

その陽子が、「常に正しくあろう」「自分を疎む養母のようにはならずにいよう」ということがそもそも罪なのである、と気づくあたりで、自分もはじめて「何も悪いことをしていない人にも『原罪』というものは存在しうる」と理解したような気がします。「気がする」というのもあやふやではありますが、私はクリスチャンではなく、真に原罪の意味をとらえきれていないのでこのように書いています。

本編では「罪」、続編では「ゆるし」がテーマで、「人間にとって赦しとは一体何なのか」ということが最後まで語られているはずなのですが、私は続編に登場する達哉が最後の最後までとにかく嫌で(たぶん今読み返してもものすごく嫌いだと思う)、一度許さないと決めた人は絶対に許さない自分の性格をつくづく思い知ったという小説でもあります。

同時期に読んでいた小説に「天上の青」があります。現在の曽野綾子さんの言説には同意しかねる部分が多いのですが、この頃は面白く読んでいました。当時毎日新聞をとっていて、毎日連載を読むのが楽しみでした。奇しくも自分の名前の由来の一部となった*1作家さんの作品を、同じような時期に読んでいたのだな、とWikipediaを読んで思い至りました。

天上の青〈上〉 (新潮文庫)

天上の青〈上〉 (新潮文庫)

天上の青〈下〉 (新潮文庫)

天上の青〈下〉 (新潮文庫)

*1:実際にはもっと別の要素から選んだようですが、同名の作家がいることは意識していた、と親から聞いた記憶があります。

「ハイパーリンクチャレンジ2015」バトンがつながった記事をまとめた #HyperlinkChallenge2015

2015年11月27日~12月20日に開催されていた、ウェブコンテンツの中から印象に残った記事を挙げる「ハイパーリンクチャレンジ2015」。同僚2人が参加したこともあり、いろいろな方が挙げた記事を読んでは、なるほど~と思っておりました。

ハイパーリンクチャレンジの概要は以下の通りです。

もしかしたらこれは、今年一番の記事を自身のブログで発表しつつ、「自分がこの人の今年一番を知りたい!」と思う方へバトンを繋ぎ、数珠つなぎで進めていったら、色々な人のウェブコンテンツに対する趣味趣向が見えてきておもしろいのではないのかなと!(※決してア◯スバケツチャレンジに触発されたわけではありません)

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子

【概要】

・その年(前年12月~本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

・また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子

せっかく年末年始の休みの前ですし、のんびりハッシュタグをもとに記事めぐりをするのもいいなと思ったのですが、かなり多くの方が参加されていてすべてに目を通すのはなかなか大変。また、既にまとめもいくつかできています。ならばと、自分が読む用途として、ある程度の縛りを設けてまとめてみることにしました。

たどっていくといくつか「声をかけられた」というものもあったのですが、それを入れ始めるとだいぶ膨大になってしまうのと、参照し直してリンクはるのが異様に大変だったのとで(記事を公開する前に一通りチェックした)、基本的にはこんな感じで縛りとしました。

  • 「ブログやSNS等にまとめて発表」されているURLのパーマリンクをはる
  • 指名がパーマリンク上でなされた人のみピックアップする
  • 指名がなかった・個人が明記されていなかった場合、指名がパーマリンク上でなされたけどつながらなかった場合は記載しない
    • 参加するもしないもその方の自由、ということで!

また、浅学にして存じ上げなかった方もいらっしゃったため、ログ読んでみるぞ!ということも踏まえ、追える限りどんなお仕事をされている方かも書き添えています(会社、団体、個人などの揺れがありますが、そこまで丹念にやるのもあれなのでご容赦ください)。漏れがあったらすみません。

第1陣

第2陣

第3陣

第8陣

中目黒の“ごはん屋”コメディエンヌでランチを食べた話

東急東横線中目黒駅から徒歩15分くらい(たぶん)のところにある「コメディエンヌ」に行って、野菜たっぷりのランチプレートを食べてきました。今思えばメニューの写真を撮っておくべきだった。不覚。

ケータリングとごはん屋 コメディエンヌ

コメディエンヌを切り盛りされているのは、はてな東京オフィスのランチを作ってくださっているみやもとゆりさんです。最近のみやもとさんのランチメニューはこれ。セロリと黒こしょうの風味が効いてておいしかったです。

officelunch.hatenastaff.com

今年8月にお店がオープンしてから、行こう行こうと思いつつなかなか行けていなかったのですが、しばらく会う機会のなかった方と幸運にも会う話になり、みやもとさんのお店に行ってみよう!という流れに。わくわくしながら歩いていったら、目印の赤いドアがありました。赤いドアの写真も撮っておくべきだった……。

ビーツのスープ。とろっとしたポタージュのような食感でおいしい。
f:id:ayakoya:20151219213424j:plain:w400

野菜がふんだんに使われているランチプレート。キッシュおいしい!(全部おいしいのですが)
f:id:ayakoya:20151219213229j:plain

コーヒーと一緒にいただいたチョコレートのムース。ふらりとコーヒー(か紅茶)とデザート、っていう頼み方もありだなと思いました。実はお酒もあるのでお昼からちょっとアルコール、なんていうときにもよさそう。
f:id:ayakoya:20151219213448j:plain:w400

テーブルに活けられていたカリフラワー(!)。おしゃれ。
f:id:ayakoya:20151219213256j:plain

みやもとさんとは東京オフィスでちらっと顔を合わせたり、挨拶したり、といった機会はあるのですが、ゆっくりお話をするのは実は初めてでした。かなり長いことお世話になっているというのに! 近所の方はお茶をしに行くというお店の使い方もされているそうで、なるほどその手があったか、今度からそれも試してみるぞ、という気持ちになったのでした。

またお邪魔します。ごちそうさまでした!