読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編集からディレクターになって

こんにちは、id:ayakoya です。この記事は、「はてなディレクターアドベントカレンダー2016」の12日目です。昨日は id:chira_rhythm55 の「無駄なことなんてひとつもない」という記事でした。


私がディレクターに就任したのは、アドベントカレンダーが始まったのと同じ12月1日です。つまり、私はディレクターになってまだ12日、営業日でいえば8日目を過ごしているところです。

私がはてなに入社したのは2008年7月で、在籍9年目に入りました。ディレクターになるまでは何をしていたのかというと、

……と、会社が徐々に成長していくなかで、多様な仕事を経験しました。おおまかにまとめると5種類くらいかなと思い返していたのですが、実際には「まとめられない」「思い出せない」と書くのが正確なような気もしてきました。

はてな編集部ブログ「編む庭」にも少し来歴を書いた通り、2010年から「編集」という職種に属し、主に専門性を高め、発揮する方向で業務に携わってきました。ビジネス開発本部のメンバーとともに「はてなブログMedia」に関わったり、ディレクターやエンジニア、デザイナー、プランナーなど社内の各職種と一緒に業務を進めたり。そこには広報やマーケティングを担当していたときに得られた、運営するサービスをどう伝えるか、どう見せていきたいかを考える視点が活きたように思います。もちろんエンジニアが多くいる会社ですから、エンジニアリングへの理解や関心を深める場面も多くありました。

editor.hatenastaff.com

「編集」という仕事はアウトプットである書籍、雑誌、Webメディア、記事、文章など、個別のアウトプットと連動して語られることが多いように思いますが、実際にはそのアウトプットが世に出るまでのすべての工程に何らかの形で関わります。著者と読者をつなげられるような企画について、まだぼんやりとした構想の段階から徐々に形にしていき、それを進めるために必要な作業を洗い出し、ひとつひとつがうまく進むように前へ引っ張る、後ろから押す、障害を取り除く、ということをしていきます。さらに、私たちが携わっている「Webの編集」では、世に出た後にどのように広く読まれてほしいかについても考えを巡らせる必要があります。

ディレクターという職種に就いた今、この仕事は編集という仕事を拡張したものだと思うようになりました。専門職として長い時間を過ごした自分にとって、「ディレクター」の役目はまだ正直“おっかなびっくり”という部分も大きいのですが(何しろまだ8日目です)、事業・サービスの成長、プロジェクトの遂行のために、チームメンバーが円滑に仕事を進められるように前へ引っ張る、後ろから押す、障害を取り除く――これって今までやってきたことを応用すればいいのではないか? きっとうまくいくのではないか?などと考えながら、仕事を進めることができています。

幸い、社内にはアドベントカレンダーに参加しているような職種の先輩が多くいます。ディレクターとしての9日目以降も先達に学びながら、そしてこれまでやってきた編集(広報もマーケティングも!)という仕事を最大限に活かしながら、チームの役に立っていくぞ、やっていくぞ、という気持ちになっています。

はてなディレクターアドベントカレンダー13日目の担当者は、発案者でもある id:jusei です!

クラブイベントとライブで「ライブ用耳栓」を使った

f:id:ayakoya:20161106232718j:plain

もうだいぶ前のことになってしまったのですが、生まれて初めてクラブイベントというものに出向きました。

IMAP++ | 音楽喫茶 茶箱 sabaco music&cafe
10月30日 - にゃんにゃかにゃん

とはいっても知り合いが中心で、最初はめちゃくちゃ緊張するかと思ったらそんなふうにもならず、ソファがあったので酔っ払ったらぼんやり座ったり、たまに知っている曲が出てくると立ってわいわいしたり(クラブで体をゆらゆらさせるってどんな感じか想像できなかったけど、V6のコンサートと同じような感じでいいんだなとわかりました)、知り合いではない女性だけどかっこいい格好できれいなたたずまいで楽しんでる様子を見ておーっと思ったり、もともとテクノっぽい音楽が好きだったけど割と何でも聴けば楽しいのかもと気づいたり、とても楽しかったです。

それはそれとして、私はもともと「大きい音」が苦手でした。よく渋谷などを走っている宣伝カーの音、車やバイクで高らかにうなってるエンジン音、酔っ払いがたくさん集まっている繁華街の歓声などなど、大きい音が強制的に耳に入ってくると混乱するというか、ざわざわするというか、不快な気分になることが多くあります。「うるさーい」なんて小声で言って気分を発散させることもあります。

そんな自分がクラブに行って大丈夫なのか、音を楽しめるのか、と不安でしたが、同僚から「ライブ用耳栓を使うといいですよ、なんだったら普通のイヤホンでも耳に入れておくだけで違いますよ」と教わりました。それで思い出したのが以下の記事。

sauce3.hatenablog.com

なるほど、これはライブについて書いているけど、クラブでも同じなのだな!と思い、e☆イヤホン 秋葉原店に出向いて耳栓を探しました。MusicとかDanceとかSleepとかはわかるけど、DIYやMoto、Officeなんていうのもあるんですね。確かにバイクに乗っているとき意外とうるさくて、ヘルメットをかぶっているからなんとかなっている感じなので納得。

Professional Music | 製品紹介 | Crescendo

結局「クラブイベントに向けて気分を高めていくぞ」というつもりで、「Dance」を買いました。装着風景はこんな感じ。

f:id:ayakoya:20161107225553j:plain:w250

実際にイベント会場で装着してみると、音全体が少し抑えられた、けどもわもわしない、という感じで快適に聴けました。ただし、「装着したまま会話もOK」と書いてあったのに、意外と会話ができませんでした(私の聞き取り能力の問題かもしれない)。話しかけられていることはわかるけど意味が取れなくて、そのときだけ耳栓を片方外す、などしていました。

これはなかなかよいのではないか?と思い、11月5日~6日に開催されたスーパー戦隊“魂” Ⅹ 2016「21世紀編」「20世紀編」(2日とも参戦しました)にも使ってみました。以前からこのライブのシリーズにはちょくちょく行っていたのですが、会場から出ると耳が聞こえにくくなっていることが多かったのです。歌も演奏も素晴らしいのですがそれとこれとは別ということで、2日とも使ってみたところ、スピーカー近くの席でも快適! MCも聞き取れる! コーラスだってちゃんと聞こえる!

このときもやっぱり、私にとっては会話には不向きのようで、話しかけられてもうまく聞き取れないというのはあったものの、会場を出た後に耳の違和感はまったくありませんでした。

音楽を聴きに行くといえばせいぜいクラシックか吹奏楽か競馬場のファンファーレくらいだったのですが、クラブはそんなに怖いところじゃないよというのがわかったのと、これまで足を運んでいたライブもより快適に聴けるようになったというのとで、耳栓を愛用していこうと思います。あんまりこれまでの生活に縁がなかったアイテムだったのでついつい忘れることがあるのですが……(そのときはイヤホンを代打にしました)。

CRESCENDO 耳栓 ダンス・ミュージック リスナー用 イヤープロテクター DANCE

CRESCENDO 耳栓 ダンス・ミュージック リスナー用 イヤープロテクター DANCE

「元気になるシカ!」(藤河るり著)を読んだ

藤河るりさんのコミックエッセイ「元気になるシカ!」Kindle版を読みました。新宿の紀伊國屋書店で積んであったのを見かけてぱらぱらして気になっていて、後で買うか検討するかーと思ってたんですが、後々検索したらKindle版が見つかったのでついぽちっと……。当初卵巣のう腫と診断され、その後卵巣がんとわかって、手術・抗がん剤治療を経ていく闘病記です。

支えてくれる人がいるからこそ、前を向いて病と闘える。
「生きる力が湧いてくる」「涙なしに読めない」と
ネットで絶大な人気の婦人科がん闘病マンガが、
50P以上の未発表秘話を加えてついに書籍化。

すぐに読み通してしまったのですが、涙涙の闘病ではなく、きわめて冷静に自分のことも病気のことも描いているように読めました。シカのキャラで、抗がん剤治療中の表現がやわらいでいるというのもあるかもしれませんが……。卵巣がんと私が罹患したチョコレート嚢胞は割と近い関係にある病気だと思っているので、とても勉強になりました。

藤河さんが開腹手術を受けるまでの流れは、私が卵巣のう腫だとわかってから腹腔鏡手術を受けるまでの流れとほぼ同じでした。がんの可能性を示唆されたかされないかは大きく違いますが、卵巣のう腫/境界悪性腫瘍/卵巣がんは、実際に手術してみるまでわからない、というのが定常だそうです。チョコレート嚢胞についてはMRI検査でほぼ判別可能らしく、「ほぼ良性でしょう、一応開けてみるまでわかりませんが……」というニュアンスでしたが、それでも手術後に担当医から直接聞くまでは確定しないと覚悟はしていました。

チョコレート嚢胞は何年かおきに再発する可能性が高い病気で、かくいう私もスパンは長いものの経過観察中であることには変わりません。手術を受けたのは38歳のときでしたが、40歳を超えてチョコレート嚢胞が再発すると、がん化する確率が少し上がります。チョコレート嚢胞から卵巣がんになる確率や患者の予後については現在も研究中だそうで、私は患者の追跡調査に協力する旨の契約書に同意するサインをしています。つまりこのまま元気でいても、再発しても、再発の結果がん化しても、何かしらの形で研究の成果につながる=住所などを知らせていて問い合わせなどを受ける可能性がある、ということです。かかりつけ医の先生はちょっと申し訳なさそうにしていましたが(拒否するのも自由でした)、役に立つのであればどうぞどうぞ、とサインしました。

「私が運良くそちらにいかなかった未来」を描いてくれている「元気になるシカ!」では、卵巣がんにはっきりした原因がないことを丁寧に書いています。境界悪性腫瘍を乗り越えた麻美ゆまさんも、明確な原因は存在しないことを以前語っていらっしゃいました。チョコレート嚢胞の場合は「子宮内膜症性卵巣のう腫」という別名があるくらいで、子宮内膜症があると発生する確率が上がる、という感じだそうです。他の種類の卵巣のう腫になるともはや原因不明すぎる。漫画中では「交通事故にあったみたいなもの」と表現していてまさにこの通りなので、まめに婦人科で検査を受けるのは本当に大事だな……と思います。

関連記事

ayako.hatenablog.jp